空き家の防犯対策について色々

空き家をお持ちの方の中には、空き家の防犯対策をされていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは空き家の不法侵入の手口と対策について御紹介していきます。

狙われやすい空き家の特徴

はじめに空き巣や不法侵入で狙われやすい、空き家の特徴をご紹介します。

計画的な不法侵入者は、狙った住宅にだれも住んでいないかを、前もって下調べをしています。所有者や管理者が定期的に管理をしている空き家は狙われにくいですが、長くだれも訪れていない住宅で、人の気配がない住宅は狙われやすくなります。不法侵入者がチェックするポイントとしては、雑草が伸び放題の状態だったり、ゴミが落ちていたりすると、管理者不在の長期空き家と判断され、ターゲッティングされてしまいます。

また、空き巣中に不意に人が来た場合に隠れやすい、室内に物が多い住宅なども狙われやすくなります。

 

空き家の防犯対策

次にそのような空き巣や、不法侵入者から住宅を守る方法についてご紹介いたします。

侵入者を防ぐには侵入者が嫌がることを実行するのがおススメです。

空き巣の侵入経路の6割は以外にも玄関からではなく、窓からの侵入といわれています。侵入の手口としては、窓ガラスにテープを貼りハンマーなどで叩くだけで、音も余り出ずに割ることができ、簡単に侵入できるようです。ですので窓を雨戸などで最初から塞いでしまうのがおススメできます。雨戸は留守であるというシグナルにはなりますが、雨戸に鍵がしてあれば、破壊に手間がかかりますし、大きな音が出ます。空き巣は目立つことを一番嫌がりますので、その点からもおすすめです。

雨戸がない窓の場合、窓ガラスを強化ガラス、もしくは割りにくくする強化フィルムなどを貼り、窓に防犯ブザーを設置すると安心です。防犯ブザーで大きな音がでるととても目立ち、近隣の人にも注目を集めるので防犯性はとても高いです。

他に人が来ると点灯するライトを入り口や窓などに設置しておくとより防犯性は高まります。それ以外でも、踏むと大きな音がする防犯砂利を敷き詰めておいたりすると、

さらに目立つので侵入者は嫌がります。これらの防犯対策は、最近では数万円くらいで出来るお手軽な防犯対策ですが、大抵の泥棒はこれらの侵入が面倒で、目立つ住宅への侵入を諦めるといわれています。空き巣や不法侵入者を防ぐには、何よりも防犯意識が高い住宅だと周囲に示すことが最重要です。空き家をお持ちの皆様もセキュリティに気をつけ、不法侵入を防ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA