空き家で起きやすいトラブル

全国の空き家が増えるにつれて空き家トラブルの増加も報告されています。いったいどのようなトラブルが発生しているのでしょうか?空き家を放置することでよく起こるトラブルをご紹介いたします!

 

 空き家を放置することでよく起こるトラブル 

・周辺への悪影響・景観の悪化・トラブル

建物が老朽化すると個人資産としての価値の低下のみではなく、周囲に悪影響をあたえます。台風や地震突風などにより、外壁や屋根などの一部が散乱した場合、空き家の場合は管理者が不在の為、建材の回収や周辺の掃除、メンテナンスなどが行われません。そうすると周辺の住宅に被害が発生するのでトラブルが発生し、建物の所有者としての管理者責任が問われることになる可能性があります。

 

・景観の悪化

周辺にまるで管理がされていない、廃墟のような住宅があると近隣住民としては嫌な気分になるのは致し方ないところです。周辺住民が安心して生活する権利を脅かされ始めると、クレームトラブルが発生する原因となります。

 

・放火の可能性

空き家は人が住んでいない為、いたずらや放火などのターゲットにされ安いといえます。また人為的な放火だけでなく、自然発生的な火災や落雷などによる火事などが発生した場合、通報が遅れ大火事になりやすいです。万が一にでも延焼で近隣へ被害などが発生した場合は、莫大な損害賠償を要求されるケースも考えられます。そのような場合に備えて空き家といえど、火災保険への加入をおススメいたします。

 

・不法投棄

人が住んでいない空き家は、ゴミの不法投棄の対象として狙われるケースがよくあります。一旦ゴミを捨てられて、そのまま放置していた場合は、人の倫理的障壁が下がり、同じことをする人が増加する傾向があります、悪臭なども発生しやすくなりますので、周辺からのクレームは必至です。そのようなことを避ける為にゴミを捨てられていたら、なるべく早く回収することが大事です。

 

・不法進入・犯罪の現場にされる

人が住んでいない空き家は、不法侵入や、空き巣などのターゲットとして狙われやすくなります。最近は空き家に不法侵入し、そのまま住み着くケースもよく起こっています。さらに悪質なケースとしては、麻薬の取引など犯罪の現場として利用されることもあるようです。そうなると周辺住民としては、不安感から確実にトラブルの原因となります。

 

 

 空き家を放置することで起こりがちなトラブルまとめ 

以上のように空き家のまま放置しておくと、様々なトラブルの原因となりますので、いずれの場合でも適切に管理さえしておけば防ぐことが出来るトラブルばかりです。このようなトラブルを防ぐ為には定期的なチェックと管理が必要といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA