なんで空き家だと困るの?

人が住まなくなった家は、急速に劣化が進みます。
人が普通に住んで管理している家と比べると、数倍の早さで劣化するといわれています。

また、家の資産的価値だけではなく、近隣への影響も大きくなります。
例えば、空き家は犯罪の現場に使われたり(実際に管理していない空き家が、麻薬の取引現場として検挙された例もあります。)
、ゴミの不法投棄や放火の対象になりやすく、空き巣犯にも格好のターゲットとなります。そのような、治安の悪化や景観の悪化がおき始めると、次に近隣からの苦情トラブルなどが発生し始めます。そうすると特定空家に指定される可能性もでてくるので、せっかく固定資産税の減免措置が解除されることにもなりかねません。
やはり空き家は適切な管理をして、そのようなトラブルを未然に防ぐことが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA